ゴッドオブブラックフィールド[huoの感想・評価レビュー]

huo

何か調べ物をしているときやYouTubeを見ているときの広告で最近目にする機会が多くなったゴッドオブブラックフィールドという漫画が人気沸騰中になっています。

漫画好きな人なら特に気になっている人が多いのではないでしょうか。

今回は、そんなゴッドオブブラックフィールドについて読んだ感想について書きました。

ゴッドオブブラックフィールドは、ピッコマで読めるので下の記事でピッコマの使い方からおすすめの漫画を紹介しているのでぜひ読んでみてください。

こちらかピッコマの記事を読むことができます

ゴッドオブブラックフィールドは、韓国の漫画でそれを日本語にしてピッコマという無料漫画アプリで連載されている漫画です。

2021年8月28日現在も連載は続いています。

単行本は、発売されていません。後発売されるかもしれませんが現在は、販売されていません(2021年8月現在)

早速あらすじから説明していきます。

目次

ゴッドオブブラックフィールドあらすじ

まず最初に簡単にあらすじを紹介します。そのあとに詳しいあらすじを紹介します。

死神と呼ばれた傭兵が日本の高校生に転生し自分を殺した敵を倒すため日本で活動していく。

では、次に長めのあらすじを紹介していきます。

主人公の恭弥は、フランスで死神と恐れられる最強の傭兵として活躍していた。

ある日のミッションを行っているとき敵に襲われえる。

キョウヤが敵を倒そうとするも後ろから狙撃を食らう。

敵は、前にいたため仲間の裏切りによるものだと考えたが視界が真っ暗になったが声が聞こえて目を覚ますと日本の病院になぜか自分がいあることに気づく。

顔を確認すると自分の顔ではないことが判明する。

キョウヤは、同じ名前の西恭弥という男性に転生していたのだった。

西恭弥は、いじめられていたことがわかり傭兵時代の経験からいじめっ子をボコボコにしていく。

そして自分を殺した相手に復讐を始めようと動き出していく。

次に感想について書いていきます。

ゴッドオブブラックフィールド感想

huo

この漫画は、戦闘シーンがとても見応えがある漫画だと感じました。

最初は、いじめっ子をボコボコにしていきますが話が進むにつれてヤクザ民間企業フランス大使などいろいろな要素が絡んできて面白いくなっていきます。

キョウヤは、めちゃくちゃ強いのですが体が普通の高校生のためいくら鍛えても傭兵時代の最高パフォーマンスを発揮することが来ません。

しかし、強敵と戦いかけるときキョウヤは、傭兵時代のころと同じ強さを発揮します。

この時のキョウヤの戦闘シーンはめちゃくちゃかっこいいです!

体は、他の人のものでも魂が体の動きなどを覚えているかの如く圧倒的な戦闘を見せてくれます。

爽快なシーンで見ていて楽しいです。

血などが多く表現されているのでその点については気を付けてください。(本当に多くのシーンで暴力的なソーンや血が表現されているので苦手な方は、注意してください。)

死神とまで呼ばれた傭兵のため徹底的に敵を倒していくところも本物の傭兵のようでカッコイイです!

バトルアクションもうまく描かれており敵味方の動きがとても鮮明に描かれているのが特徴的です。

キョウヤの仲間たちもかっこよくて強いキャラが多く面白いです。

これからキョウヤがどういった戦闘シーンや交渉をしていくの楽しみな漫画です。

ゴッドオブブラックフィールドは、ピッコマという無料の漫画アプリでしか配信されていません。

ゴッドオブブラックフィールド感想まとめ

今回は、ゴッドオブブラックフィールド[感想・評価レビュー]についての記事を書きました。

ゴッドオブブラックフィールドは、バトルアクションがうまく描かれており見ていて爽快な気持ちになります。

huo

戦闘シーンも熱く見ごたえのある面白い漫画だと感じました。

おすすめの漫画なのでぜひ一度読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる