モチモチのなぞ生物がカワイイ!プリンタニア・ニッポン1巻についてのhuoの感想

この記事では、プリンタニア・ニッポンについてのhuoの感想を書いた記事となっています。

huo

プリンタニア・ニッポンってどんな漫画?と悩んでいる人や面白いの?と考えている人の参考になるような記事を書きましたのでぜひ読んでみていただきたいです。

目次

プリンタニア・ニッポン1巻あらすじ

主人公が住んでいる世界では、どんな生命体も作ることができる機会が存在した。その名前が生体プリンタという。

主人公が最近買った生体プリンタを使って柴犬を作ろうとしたのですが

機会の不備で不思議な生物が誕生します。

その不思議な生物は、すあまと名付けられました。

すあまはモチモチで白い謎の生物です。

すあま以外にも多くの謎の生物がいます。

すあま以外の謎生物には、プリンタニアという名前が付けられました。

生物プリンタを作った会社には、すあまの何倍も大きな奴などがいます。

すあまはモチモチしてそうなかわいい生物と佐藤の生活を描かれてます。

プリンタニア・ニッポン1巻基本情報

ここでは、プリンタニア・ニッポンについての基本情報について書いています。

作者:迷子

イースト・プレスのマトグロッソで月に一度の連載

プリンタニア・ニッポン1巻登場人物

  • 佐藤(この漫画の主人公)
  • 佐藤ゆういつの友達の塩野
  • すあま(プリンタニアという謎の生物)
  • コンサル

プリンタニア・ニッポン1巻感想

まずこの漫画を読んで思ったことは

生体プリントでどんな生物でも作れるとことに驚きました

作品では失敗していますが…

すあまがすごくモチモチでめっちゃかわいいかったです。

すあまは、いろいろな生命体になる前のものにほとんど近いと書かれていましたがまずどうやってあんな生物を作り出したんですかね。

その部分についても今後話されるとおもしろいですね!

すあまは普通サイズなのですが

生体プリントを作った工場には、すあまよりもはるかに大きなすあまと同じ個体がいましたものすごく大きいのもすごくかわいかったです。

癒し要素がとても強い漫画でですのでおすすめです

今後は、すあまがどのようにして作られているのかについて詳しい説明などがされるのかも楽しみな要素の一つです。

主人公の家には、お世話ロボがいるのですがこのロボとすあまのからみも面白いです。

プリンタニア・ニッポン1巻感想まとめ

最期まで読んでいただきありがとうございます。

今回は、プリンタニア・ニッポンという漫画について紹介しました。

モチモチとしたかわいい謎生物のすあま(プリンタニア)と主人公のほのぼのとした日常を描いた漫画でした。

今後は、プリンタニアについて詳しく解説されたりするかもしれないので今後が楽しみな作品です。

このブログでは漫画と勉強をメインに記事を書いています。

他にも記事があるので機会があれば読んでみてください。

また意見やアドバイスなどがありましたらTwitterのDMにてお知らせください。

よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる