いびってこない義母と義姉妹1巻huoの感想レビュー

こんにちは、huoです。

今回は、いびってこない義母と義姉妹1巻感想について話していきたいと思います。

huo

コメディ漫画やほっこりとした日常マンガが好きな人に特におすすめのマンガです。

早速あらすじについて紹介していきます。

目次

いびってこない義母と義姉妹1巻のあらすじ

ヒロインは、名家の庶子であったが母親が死んでしまい本家に引き取られることとなった。

(庶子とは、第一夫人以外の奥さんから生まれた子供のことをいう)

ヒロインは、恐ろしい義母、義姉たちとの生活が始まると怯えながら新生活を迎えるが新生活は、思っていたものと違うものだった

心がほっこりとし笑える日常がはじまる!!!

登場人物

  • 鴻蔵(こうのくら)てる めちゃくちゃ優しい。顔と性格のギャップが笑いを引き立てている! 美治にはマミーと呼ばれている。理由は、美治の母親との思い出を上書きさせないためです。言葉がイケメンです!!!
  • 長女マリカ おとなしめの性格 シスコン進行中
  • 次女ありさ 元気な性格の持つ主 シスコン進行中
  • 中村美治(ヒロイン) がんばり屋
  • 中村ヤス 美治の祖母

いびってこない義母と義姉妹1巻の感想

いびってこない義母と義姉妹1巻の感想について話していきます。

1巻を読んだ率直な感想は、クスっと笑えてほっこりする漫画だと感じました。

二人の姉

4コマ目までは、ありさとマリカは悪役令嬢のような振る舞いを見せますが

すぐに二人が優しい性格の持ち主であることがわかり、

二人の妹に対するウキウキ感が伝わってきました。

ふたりともどんどんシスコンが重症化していっているところも面白いです。

マミーが面白い!!!

顔が魔女のようなマミーは、顔と優しいセリフのギャップが凄く面白いと感じました。

マミーが非常に面白く一つ一つの言葉や表情が面白いです。

表現のしかたもよく笑いを引き立たてくれていると感じました。

マミーのときだけ背景や表現が他とは違うので注目して読んで見てください!

グングニルが可愛い!!!

グングニルは、鴻蔵家に拾われた犬でめちゃくちゃ可愛いかったです。

グングニルが声がでないと知り美治がかわいそうと思ったが

すぐにマリカが一緒に暮らしているからかわいそうでないと

言ったところが良い言葉だな~と思いました。

三人ともめちゃくちゃ優しくほっこりとする日常漫画です。

興味のある方はぜひ一度読んでみてください。

著:おつじ
¥807 (2021/09/20 22:36時点 | Amazon調べ)

このブログでは、いろいろなマンガを紹介しているので

興味のある方はぜひ一度読んでみてください。

こちらからおすすめマンガ記事のまとめを読むことができます。

いびってこない義母と義姉妹1巻感想まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

いびってこない義母と義姉妹1巻の感想について記事を書きました。

huo

ほっこりとした日常を楽しみながら笑える面白い漫画でした。

コメディ漫画や日常系のマンガが好きなヒトに特におすすめです。

マミーのギャップが非常に面白いのでぜひ一度読んで見てください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる