植物ホルモンオーキシンの働き理系大学生のhuoがわかりやすく解説

今回は、植物ホルモンの一種であるオーキシンの働きについわかりやすく解説していきたいと思います。

huo

オーキシンについて悩んでいる人やオーキシンに詳しく知りたい人に向けてこの記事を書きました。

大学の植物関連の講義の知識から高校の生物で扱う部分両方について学ぶことができます。

オーキシンは、細胞分裂の促進や果実の肥大成長促進などを行い植物の成長に大きく関わる植物ホルモンです。

細胞分裂の促進や果実の肥大成長促進 の役割を紹介しオーキシンがどのように利用されているのかについて説明していきます。

この記事で学べることは、オーキシンの高校内容から大学の植物系の講義で学ぶことができる基礎範囲を学べることができます。

目次

オーキシンとは

オーキシンとは、植物ホルモンの一種ことで植物を成長を促進させる効果があります。

オーキシンは、天然のオーキシンと合成されたオーキシンが存在します。

天然のオーキシンをインドール酢酸(IAA)といい

合成されたオーキシンを2-4ジクロロフェノキシ酢酸やナフタレン酢酸などが知られている。

オーキシンの合成場所とは

オーキシンは、分裂組織(茎、根、形成層若い葉成長中の果実種子などでが合成されている。

高等植物(維管束を持っている種子植物とシダ植物)では、インドール酢酸が主要なオーキシンとして利用されている。

オーキシンは、様々な場所で合成されているためオーキシン不足になることは少ない。

オーキシンの働き

オーキシンの様々な役割について紹介していきます。

オーキシンよる頂芽優勢

オーキシンは、成長している最中の頂芽(茎の先端部分にこと)が

側芽(茎の横から生えている芽のこと)の成長を阻害する頂芽優勢を誘導する役割を持っています。

オーキシンによる果実の発達

オーキシンは、果実の発達促進に働きます。

果実以外にも側芽や不定根(茎や葉などから生えた根のこと)の形成促進、維管束の分化促進などにも

オーキシンは、働いています。

オーキシンの利用

オーキシンは、植物の成長を促進する重要な植物ホルモンです。

そのため果実を大きくする肥大促進剤などに利用されています。

オーキシンの植物を成長させる特性を利用して除草剤として利用もされています。

ヒトでも細胞が増えすぎるとガンになります。

植物でも異常に細胞分裂したり、大きくなると成長できなくなります。

その特性を利用して雑草などを除草する除草剤として利用されています。

オーキシンまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

オーキシンは、植物を成長させるのに必須な植物ホルモンの一種です。

今後他の植物ホルモンについての記事も書いていくので興味のある方はまたブログにきて見てください。

このブログでは、勉強や漫画について様々記事を書いているので興味のある方はぜひ他の記事も読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる