ジベレリンについて理系大学生のhuoがわかりやすく解説

こんにちは、huoです。

今回は、植物ホルモンの1種であるジベレリンについて解説していきたいと思います。

huo

ジベレリンについて学びた、ジベレリンってなに?といった人に向けてこの記事を書きました。

ジベレリンは、高校生物でもでてくる重要な植物ホルモンです。

この記事では、高校レベルから大学レベルのジベレリンについて説明しています。

この記事では、下の3つのことについて説明しています。

  • ジベレリンの作用
  • ジベレリンと光の関係性
  • ジベレリンの特徴
目次

ジベレリンとは

ジベレリンは、植物細胞の分裂や伸長に関わる重要な植物ホルモンの1種です。

ジベレリンは、胚で合成されます。

そして胚乳によって放出されます。

ジベレリンは、苗が通常より大きく成長してしまう稲馬鹿苗病から発見された。

稲馬鹿苗病は、異常に稲を成長させてしまうがこれを人は、うまく利用している。

ジベレリンをうまく利用しているおり一般の人でもよくジベレリンの作用が利用されたものがある。

それは、種無しブドウである。

ジベレリンを利用することで種無しブドウを作ることができる!

次にジベレリンの作用についてもう少し詳しく解説していく。

ジベレリンの作用や特徴

ジベレリンは、若い葉、種子、果実などで生合成される特徴をもっている。

  • 植物細胞の分裂と伸長を促進させる作用がある。
  • 受粉を行わず果実を作ることができる単為結実の現象に作用する。
  • 植物種子の休眠から開放し発芽成長を促進する。

単為結実

単為結実とは、植物の開花の前後にジベレリン処理(ジベレリンを植物にかけたり、漬けたりすること)

を行うことで子房部分を大きくさせて種なしの果実を作ること。

私達が食べる種無しブドウもジベレリン処理を行ってできたものです。

ジベレリンによる発芽促進の仕組み

ジベレリンは、発芽の成長促進の役割も果たしています。

ジベレリンは、糊粉層(胚乳を囲ってい層のこと)でアミラーゼなどの加水分解酵素を活性化させることでは胚乳のデンプンを分解してブドウ糖に変換できる。

そのブドウ糖が発芽の成長に利用される。

ジベレリンは細胞周期にも関わっている

ジベレリンは、細胞周期のG1からG2期の流れの部分を促進して細胞周期を活性化させ細胞周期が円滑に進むように作用している。

ジベレリンと光の関係性

暗い場所で育てた植物を明るい場所に移動させ育てるジベレリン量が減少します。

ジベレリンは、光によって分解される。

しかし暗所で育て明所に移動した植物は、120時間後には暗所ときの数倍ジベレリンが合成されていた。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

植物ホルモンであるオーキシンについても解説しているの良ければそちらも読んでみてください。

こちらのリンクから読むことができます!

このブログでは、勉強と漫画の様々な記事を書いているのでよければ読んでみてください。

ジベレリンまとめ

ジベレリンは、 植物細胞の分裂と伸長を促進させる作用、受粉を行わず果実を作ることができる単為結実の現象に作用、植物種子の休眠から開放し発芽成長を促進する作用を持っています。

ジベレリンは、高校の生物でもでてくるのでしっかりと理解しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる